結婚指輪購入口コミ「指輪をふと見ると妻のことを思い出す」

1. 性別

男性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

7

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください。(お二人それぞれの価格)

私17万、妻24万

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください。(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

生活で長い間つけていく指輪ですので、それなりに高いものをと最初から考えていました。

自分たちの間でブランドは決まっていたのですが、どのような商品にするかまではまだ決めていませんでした。

結婚式まででカタログを入手し、その中から適切かつあまり背伸びをしない価格帯のものを選び、自分たちも長くつけていけるものと判断して選びました。

私はシンプルなものが特に好みだったので、あまりごちゃごちゃしていないデザインスタイルの指輪を選びました。

6. その結婚指輪に決めて良かった点はありますか?

元々ブルガリというブランドが好みであったため、そのブランドの指輪にできた事に非常に満足しています。

自分がつけている指輪をふと見ると妻のことを思い出し、そして同じようにブランドフロントであるブルガリのことも思い出します。

7. 結婚指輪を選ぶ際、悩んだ点はありますか?

どのような時でも外さない生活に密着している指輪は、私の結婚してからの人生の象徴でもあります。

その象徴である指輪はそこそこの値段にしたいと思っていたのですが、意外にもその値段がしたので少し二の足を踏んでしまった自分がいました。

その当時の給料であまり安くはなかったので悩みました。

8. その結婚指輪に対して、周りからの反応はいかがでしたか?

一見するとその指輪はブルガリとは思いつかないほどのシンプルなものであり、私の指輪は聞かれないと自分の指輪のブランドがブルガリだとは気づかれません。

そういった能ある鷹は爪を隠す的な暗喩が込められているような商品であると私は思っているので、自分の中で自己満足の一つとなっています。

それなりの存在感を示すことができ、優しいデザインから想像できないほどの力強さを感じることができる指輪であると感じています。キラリと光るそのデザインも私の周りの反応が良い点であります。

9. 結婚指輪の購入を検討している方へアドバイスをお願いいたします。

結婚指輪というものは自分の人生のうちの重大なイベントである結婚を象徴する存在であり、その指輪の価値は自分の結婚の意味をも決めてしまうような存在のある商品だと思います。

そのような重大な商品をあまりチープな商品で許してしまうような行為は自分の結婚への冒涜、ひいては自分の人生への侮蔑とも取れるような行動であり、安易な考えて安い商品を選ぶようなことは避けた方が良いと、人生訓から言えるでしょう。

結婚指輪とはそれほど重大な意味があるのです。