手作り結婚指輪のトラブル!

手作り結婚指輪って実際にどう?

結婚指輪情報を集めているのなら、手作り指輪についての話も耳に入っていることでしょう。夫婦にとって世界に1つしかない指輪が手に入るとあっては、興味が出てくるのも当然です。しかし一生に一度の指輪だからこそ、慎重になる気持ちもわかります。
では手作りの結婚指輪の実態について、調査してみました。

トラブルで多いのは?

まずはトラブルです。調査してみると、手作り指輪に関するトラブルが多く見られました。中でも多いのは、仕上がり具合です。想像していたものと、全く違うものが完成したというのです。「手作り」と言っても、夫婦が手掛けるのは基礎中の基礎部分のみ。残りの仕上げは、職人が手掛けます。手掛ける職人はプロではありますが、人間に変わりはありません。人間なので、どうして不備は出てくるものです。
しかしファッション用リングならばまだしも、作っているのは結婚指輪。想像していた指輪と違ったものが出来れば、起こりたくなるのも当然でしょう。他にも新品の指輪に傷がついてしまったなどの報告も上がっています。

トラブル予防法

手作り結婚指輪のトラブルは、ちょっとしたことで防ぐことはできます。まず見ておきたいのは、製法についてです。指輪の作り方には、鋳造と鍛造の2種類があります。最近は傷がつきにくいからと、鍛造の指輪を選ぶ人が多いようです。ただ鍛造でも、指輪の扱い方を間違えてしまったら傷はつきます。
酷いところになると「鍛造」という言葉を借りて、別方法での制作方法を紹介している工房もあるのです。

しっかりと打ち合わせ

また別デザインの指輪ができあがってしまったという、トラブルも見られました。別デザインに関しても、製造方法が大きく関係しています。多くは店で売られているような素敵なデザインの指輪になると、希望に胸を膨らませていることでしょう。しかし手作り結婚指輪でできるデザインには、限りがあるのです。
手作り結婚指輪を作る際には、事前にどういったデザインに対応しているのかを聞くようにしましょう。