チタンで作った結婚指輪

チタンってどんな素材?

結婚指輪はチタンで作ることができます。

チタンとは、プラチナよりも軽い金属です。

プラチナの1/4の重さなので、指が重たくなるから結婚指輪をつけたくないという人でも、ストレスを感じにくい素材です。

チタンが使われているのは、飛行機やロケットの部品です。

過酷な環境のなかでも使われる素材のため、硬く傷が付きにくいです。

しかも価格やプラチナよりも安いです。

チタンの難点はその硬さです。

皮肉なことに、硬すぎるがゆえに加工ができる工房が少ない、サイズ直しをしにくいなどのデメリットもあります。

色鮮やかな色彩


チタンは化学反応によって色をつけることができます。

選べる色は、赤・青・黄・紫・緑と様々です。

さらにグラデーションにもできるため、プラチナにはできない色合いが楽しめます。

しかも色を変えることもできます。

チタンの結婚指輪を選ぶのなら純チタンがおすすめ

もしチタンの結婚指輪を選ぶのなら、純チタンがおすすめです。

なぜならチタン合金の中にはとてつもない硬さのチタンがあるからです。

結婚指輪は硬い方がいいんじゃないの、と思われるかもしれませんが限度があります。

たとえば指輪が指から外れなくなったときなど、消防署が使用しているリングカッターで切断できる程度の柔らかさは欲しいです。

消防署でも切断できないとなると、問題が大きくなってしまいます。

そもそも抜けなくならなければよいのですが、長く使用する結婚指輪はなにが起きるのか分かりません。

チタンの結婚指輪は手作りできる?

チタンの結婚指輪は手作りできます。

ただしチタンを利用できる工房は限られています。

チタンの結婚指輪を作りたいのなら、あらかじめチタンが使えるのか工房に確認しましょう。

またサイズ直しや修理が必要になった場合、修理を依頼できるお店を探しておいたほうがよいかもしれません。

だいたいの結婚指輪を手作りできる工房であればアフターサービスとして修理やサイズ直しをうけおってくれます。

ただし場合によっては工房が遠いため、指輪を修理できないなどの問題が発生してしまうおそれがあります。

なのでできればチタンの指輪を手作りするときは、チタンの指輪を修理できる自宅に近いお店をも見つけていた方がよいでしょう。