ダイヤなしでも工夫1つで素敵な結婚指輪に

ダイヤありの結婚指輪は確かに魅力的だけど…

ダイヤありの結婚指輪は、見るだけでも惚れ惚れする芸術作品です。どんなにシンプルなデザインの結婚指輪であっても、ダイヤがあるだけでも見栄えが凄いです。手作り結婚指輪は店で購入するよりも値段は安く済みますので、思い切ってダイヤありの結婚指輪を手にするのも良いでしょう。
しかしダイヤありの結婚指輪にすると、多少なりともお値段はかかります。予算に余裕がないならば、必然的にダイヤなしの結婚指輪を選ぶことになるでしょう。ダイヤなしの結婚指輪となると物寂しい気がしますが、工夫次第によっては素敵な結婚指輪に大変身です。

2人に関係しているものをモチーフに採用

結婚指輪のデザインのモチーフは、2人と関係の強いものにしてみましょう。例えば共通の趣味があるのなら、趣味をモチーフにするのです。音楽が趣味であれば、アーム部分に音符を刻み込んでみるという風にです。サーフィンが趣味であれば、アームを波の形に見立ててウェーブ型にするのです。
アームに模様やモチーフを刻むのが難しいのならば、シークレットストーンを使いましょう。誕生石を結婚指輪の内側にはめれば、ちょっとしたお守りにもなるでしょう。

刻印を入れる

指輪に刻印を入れる手もあります。刻印の種類は色々ありますが、オーソドックスなものは「2人の記念日」「名前」です。
記念日は、2人が出会った日・プロポーズした日・入籍した日・結婚記念日などです。結婚記念日が結婚指輪に刻まれていたら、一生忘れることはないでしょう。名前は、言うまでもなく2人の名前です。フルネームを入れるのも良し、イニシャルでオシャレに飾るのもありです。

工夫次第で素敵な指輪に

ダイヤありの結婚指輪は、確かに魅力的です。でもダイヤなしの結婚指輪も、工夫次第では世界に1つだけの愛おしい結婚指輪となるでしょう。
今回紹介した方法は、あくまでも一例にしか過ぎません。2人で一緒になって考えれば、もっと素敵なやり方が見つかるはずです。手作り結婚指輪に、絶対的なルールは存在していません。強いて言えば、2人の気持ちが絶対的なルールなのです。