30代で準備する結婚指輪

結婚指輪は高いというイメージ

結婚指輪と言えば高いというイメージを持っている人も多く、20代~30代の若い世代の間でも結婚を考えているけどその費用を捻出するのが難しくてなかなか踏み切れないというカップルが数多くいるそうです。

はじめに一般的な相場で言えば、ブランドショップやジュエリーショップで既製品を購入するとだいたい20万円~30万円程度だと言われており、この値段は20代~30代のサラリーマンの給料1カ月分程度になります。

ですから決して安い金額ではありませんし、ましてや結婚は指輪だけにお金をかけられるわけではないので、苦労すると思います。

手作り結婚指輪が注目されているらしい

そんなカップルにおすすめしたいのが手作りによる結婚指輪で、その魅力は既製品を買うよりもかなり安くクオリティも高い点にあります。

バブル期の時代には、給料の3か月分の指輪を用意するのが当たり前だと言われたりもしましたが、その時代に比べれば相場はかなり下がったと言っていいでしょう。

それでもハイブランドの結婚指輪はまだまだ高い値段ですし、できるだけコストカットできればほかのところにお金を使えるのでメリットも大きいです。

かと言って結婚指輪は結婚を控えるカップルにとって非常に特別なアイテムですから、ただ安いだけでなくクオリティも高いものでなければいけません。

アトリエ選びはしっかりと

結婚指輪は日常的に身に付ける人も多いので、すぐに壊れてしまってはせっかく手作りした意味もなくなってしまいます。

そういった意味で大切なのはまず専門のアトリエ選びで、技術の高いジュエリークリエイターが在籍しているところを利用することが大切になります。

幸い、今は専門のアトリエが数多くありますし、評判のいいところもありますのでインターネットや結婚情報誌、結婚情報サイトなどを参考にしてください。

一生の思い出になるものなので、ゆっくりと時間をかけても良いところを探してみましょう。