結婚指輪を買うタイミング

少し早めに買うのが一般的

結婚することが決まったけれど、いつ結婚指輪を購入すればよいのかわからないという人も多いでしょう。
また、既製品を購入するのか、セミオーダーをするのか、フルオーダーするのかによっても最適な買うタイミングは変わってくるのです。

通常結婚指輪というのは、結婚式で指輪の交換を行うのが一般的です。
そのため、結婚式の日までには用意しなければいけません。

既製品であればすぐに手に入れることができるでしょうが、やはり自分たちのためだけに存在している結婚指輪なので、セミオーダーやフルオーダーする人も多いのです。
そうするとかなり長い月日を必要とするのですが、セミオーダーの場合にはどのような加工をしてもらうのかによって大きく変わってきます。

彫刻や刻印だけであっても1ヵ月近くかかることもありますし、宝石の埋め込みなどを依頼すれば、3ヵ月以上かかることも珍しくはありません。
フルオーダーなら半年ぐらいかかる場合もあるので、多くの人は半年前ぐらいから準備を行うのです。

もし結婚式を行わないのであれば、婚姻届を出してからゆっくりと購入することもできますし、結婚式は婚姻届を出してから何日以内に行わなければいけないという決まりはありません。
そのため、婚姻届を出してから数ヵ月や何年か経過してから結婚式を行う人もいるのです。

しかし、仕事が忙しい人などを除けば、結婚式は結婚してすぐ行うという人が圧倒的に多いので、まずは婚約指輪を渡しておき、受け取ってもらえて相手の両親に挨拶に行ってからすぐ作成することが多いでしょう。
その上で完成する時期を店員に確認しておき、それに合わせて結婚式の日取りを決める人もたくさんいます。

買うタイミングはできる限り早くというのがポイントなので、まずは店選びを行い、どのような方法で注文するのかをよく相談して決めておきましょう。
店に行って注文すれば、大体これぐらい時間がかかると教えてくれるので、少し余裕を持って結婚式の日取りを決めるべきです。