結婚指輪でピンクゴールド変色する?

ピンクゴールドって変色するの?

結婚指輪の素材として選べることが多いのがピンクゴールドです。
ゴールドを使った金属製の指輪となりますが、ほんのりとしたピンク色をしていることで人気の素材です。
女性からは特に選ばれることが多い素材ですが、ピンクゴールド変色することを聞いたことがある方もおられるでしょう。
せっかくの結婚指輪が変色するかもしれないのは少し気になりますよね。

まずこれは本当で、ピンクゴールド変色の可能性はあります。
どのように変色するのかというと、若干色が黒ずんだり、まだらに色が変わってしまったりと、いろいろなケースがあります。
いずれにしても完成当時のきれいなピンク色ではなくなります。
せっかくの結婚指輪がこのように変色するのはなるべく避けたいですよね。

なぜこのようなピンクゴールド変色が起こるのかというと、この素材には銅が比較的高い割合で配合されています。
これは色を調整するためと、柔らかい素材となるゴールドを補強するためです。
完成直後のピンクゴールドはきれいな薄いピンク色をしており、強度も高まって傷や変形も起こりにくいのですが、配合した素材の関係で温泉などに反応して変色する可能性が出てくるのです。

ピンクゴールド変色をなるべく避けるには?

ピンクゴールドの結婚指輪が変色しないために、この指輪にしたら温泉に入るときには外しておくといいです。
入浴剤にも注意してください。
温泉と似た成分が入っている場合があり、それを入れた湯船にピンクゴールドの結婚指輪をつけたまま入ると変色する可能性があります。
これらに注意すると変色のリスクを下げられます。

変色しにくい結婚指輪がよければ

ご紹介したようにピンクゴールドは変色する可能性が比較的あるため、使用には注意が必要なのですが、そもそもそのような可能性が低い結婚指輪がよければ、プラチナの指輪などおすすめです。
ゴールドと並んで非常によく使われる結婚指輪の素材で、こちらはピンクゴールドよりも変色の可能性が低くなっています。
なるべく気軽に使える指輪がよければおすすめです。