手作り指輪の魅力とは?

結婚指輪や婚約指輪を店頭で買うのは大きな楽しみです。
買い物をしながら、二人の将来や家庭像について語り合うのも大いに意味があります。
でも、「買い物だけなんて、ちょっと物足りない、もっと印象的な思い出を作りたい」そんな思いを持つ人も少なくありません。
もともと手作りが得意な人だっています。

手作り指輪と聞くと、「工作」という感じのものを思い浮かべてしまいます。
でも、作るのは結婚指輪や婚約指輪。
人に見せても恥ずかしくない、ちゃんとしたものでなくては困りますよね。
「工作」ではない、きちんとした「宝飾品」としての指輪を手作りするのが流行しているのです。
手作り指輪とはどのようなものかご紹介しましょう。

手作り指輪を作る場所とは、熟練の職人さんも在籍する宝飾メーカーの工房です。
道具も貸してもらえます。
指導も受けられます。
決して「工作」では終わらせないんです。
初めて、金属の加工に取り組む人にも、わかるように教えてもらえます。
加工するものが金属ですから、たたいたりこすったりの力わざも必要になります。
でも、それこそが、何にも代えがたい貴重な思い出になります。
何よりも魅力的なのが、出来上がるものは完全オリジナル品、世界にただ一つしかないものだということです。

指輪で大切な要素が材質です。
一生に一度の結婚指輪や婚約指輪なら、素材にもこだわりますよね。
その点も安心です。
工房によって、違いはありますが、定番の、プラチナやゴールド、そのほか指輪に適した合金類なども選べます。
また、自分で石を持ち込んだり工房で買ったりして、希望の宝石をつけることもできます。

手作り指輪の魅力とは、見た目や仕上がりの良さだけではありません。
二人が大切なものを作り上げる過程を経験できることです。
こういう経験は、そうたびたびできるものではありません。
この、素晴らしい体験は、写真や動画にすることができます。
結婚披露宴で手作りの結婚指輪ができる過程を見てもらえるのも、楽しみです。

また、その後、度々やってくる結婚記念の集まりにも役に立ちます。
銀婚式や金婚式に若いころの手作り体験を懐かしみながら写真をみるなんてとても素敵ですよね。