手作り指輪の金属の選び方

手作り指輪を作るときには、まず気になるがデザインです。
手作り品にするからといって、好みではないデザインのものを買う人はいませんよね。
このデザインに大きな影響を与えるのが、素材になる金属です。

ファッションリングの場合にはシルバーや真鍮のものも多いし、独特の魅力があります。
しかし、婚約指輪や結婚指輪などは、プラチナとゴールドが圧倒的に多くなります。
プラチナやゴールドは、世界中に市場があって高価で取引されている非常に価値の高い金属だからです。
また、汗や皮脂で変質することが少ないので、永遠の愛を誓いあうのにふさわしいということもあります。
こういったことは、もうごく一般的な知識です。

実はプラチナやゴールドが結婚指輪や婚約指輪の素材に使われるのには、このこと以外にも大きな理由があります。
それが金属アレルギーの問題です。
プラチナとゴールドは最も金属アレルギーが起きにくい材質としても評価が高いのです。
金属アレルギーとは、金属が肌に触れることによって起きるアレルギー症状のことです。
金属が肌に触れることによって、その金属から溶けだす金属イオンが肌に刺激を与えてしまう症状です。
一般的な金属アレルギーは湿疹やカブレなどが主な症状ですが、ひどい人になると発熱や呼吸困難など体全体に症状が出る人もいます。

現在金属アレルギーではない人も、金属アレルギーになる可能性を秘めています。
金属アレルギーのスイッチが入る時は、体質、汗、金属、傷、菌が合わさった時です。
アレルギー体質の人が汗をかいたときに、汗で溶かされた金属イオンが菌と一緒に傷口から体内に入った時に金属アレルギーリスクが最も高くなります。
菌が入ると、抗体が働いて菌を排除しようとしますが、この時金属イオンが同時に入ってくると、抗体は金属イオンにも攻撃を加えます。
これが金属アレルギースイッチです。

つまり、溶けやすい金属が金属アレルギーリスクが高いのです。
金やプラチナは変質しにくい材質です。
そして、純度が高い方が安全です。
そういう意味でも、24~18K、 Pt999~Pt900などは金属アレルギーが起こりにくい素材としても愛されていて手作り指輪にも人気の素材です。