手作り指輪の特徴

手作りの婚約指輪や結婚指輪が流行しています。
手作り指輪の特徴は、意外なほど完成された指輪だということです。
遊びの枠を超えた本物志向の指輪です。

素材は、プラチナやゴールドが主になります。
プラチナ、ゴールドともに、結構いろいろな種類があって、色や輝き方が違うのです。
手作り指輪を作ると、素材選びから始めるので、本当に自分の好きな素材を見つけることができます。
市販品ではなかなか素材の知識まで身に着けることができません。
また、プラチナやゴールドは強度のある素材が開発されていて、生涯使い続けることができます。

製造方法は鋳造と鍛造の2種類ですが工房によって変わります。
鋳造で手作り体験した場合には商品の受け取りは2週間から4週間後になります。
鍛造で手作りした場合には、その日のうちに受け取ることができます。
どちらの製法を選んだとしても、工房の職人さんがしっかりサポートしてくれます。

器用さやセンスの良し悪しで、「人前ではできないようなものができるんじゃないか?」なんていう心配はいりません。
それでいて、製作者の個性や思い入れはちゃんと、現れるのが不思議なところです。
心配したり楽しんだり悩んだりしながら作った指輪は愛着もわいて一生の持ち物になることも手作り指輪の特徴です。
好みによって石を入れることもできます。
この場合には職人さんの技術が必要になるので、指輪を受け取れる日まで多少待たなければなりません。

価格的には、高価な素材を使うので、激安とまでは行きません。
それでも店頭で買うよりは割安になる傾向があります。
リーズナブルな価格も手作り指輪の特徴の一つです。
新居や旅行に回せる費用が増えるのはうれしいことです。

実は手作り指輪を作る一番の楽しみは、作る時間そのものにあります。
どの工房も、隠れ家風にしたり、近代的な工房にしたり、といった違いはありますが、つまりは二人の思い出作りにふさわしい空間を演出してくれているのです。
そして、必ずあるのが写真屋DVD製作のサービスです。
結婚披露宴や2次会の催し物の一つとして楽しむことができます。