手作り指輪にも職人の腕が影響?

手作り指輪には、製造工程の一部を指輪を買う人が手作りするものと、すべての工程を専門の職人が手作りするものがあります。
後の方の手作り指輪は、いわゆるオーダーメイド指輪です。
実は高価な貴金属を使った指輪に手作り工程のない指輪はありません。
細かい部分や仕上げの部分は必ず専門の職人が自分の手で加工します。

ただ、大手の指輪工房では、各工程に専門職人が居て一人の職人はその工程だけを担当します。
あえて手づくり指輪と呼ばれるものは、一人の職人がすべての工程を担当することが多いのです。
すると、その職人の技術力や個性が出てクラフト感満載というのが大きな魅力になります。
ただし、このクラフト感、一般の人が一目見てわかるようなものではありません。
「言われてみれば、なるほどね。」っていう感じのものです。
宝飾品を見慣れている人は一目見てわかるようです。
あっ、それハンドメイドですよねっていう感じです。

手作り指輪の中で、一部分を自分でやらせてもらう場合にも、その工房の職人さんやスタッフがつきっきりでサポートしてくれます。
実際問題、彼らのサポート無しでは無理です。
専門知識は不可欠です。

<鍛造の製造工程>
溶解。金属プレート製作
プラチナや金などの地金を高温で溶かします。
溶解の技術で素材の品質が決まるといわれています。

ワッシャー製作
出来上がった金属プレートをドーナツ形に打ち抜きます。
出来たものをワッシャーといいます。

リング型に成型
プレス機で平打ちの指輪に成型します。
この過程で、含まれていた空気が金属から抜けて金属の密度が高くなります。
この段階が鍛造の技術が最も要求されるところです。

<鋳造の製造工程>
原型製作
ワックスと呼ばれる原型を製作します。
柔らかいので簡単に削れて加工性抜群です。
そのため、凝った細かいデザインも可能です。

石膏型制作
ワックスを石膏の中に入れてそのまま固めます。

石膏加熱
固まった石膏を加熱すると、石膏は固くなり、中のワックスは溶けます。
石膏内部にはワックスの細かい部分までかたどった空洞ができます。

地金流し込み
石膏の中にできた空洞に溶かした地金を流し込みます。
ゆっくりと固めるとワックスの型をそのまま写した指輪が出来上がります。

指輪取り出し
石膏を割って指輪を取り出します。

手作り指輪の工程で注文主が製造できるのは、全体の30%程度の部分です。
仕上げの工程では職人の腕がものを言います。
職人の技で仕上がりは大きく左右されるのです。