手作り指輪 おすすめの材質は?

結婚指輪や婚約指輪は生涯使うものですので丈夫な素材を選ぶことが大切です。
指輪の丈夫さは、材質と製法によって変わってきます。
おすすめはプラチナの鍛造品です。
プラチナは、貴金属としての価値が高い上に強度も高いことで知られています。
Pt1000は純プラチナですが、強度が弱くなります。
Pt950またはPt900が強度が強く色も美しいので人気があります。

特に、近年は強度のあるハードプラチナに人気があります。
ハードプラチナは、プラチナにルテニウムという金属を混ぜて強化したものです。
混入率は2%程度ですからプラチナ純度は非常に高いものです。
ハードプラチナなら、細くて薄い繊細なデザインでも強度を保つことができるのでおすすめです。

強い指輪にはもう一つメリットがあります。
変質しない、溶けにくいという性質は皮脂や汗に強いということになります。
実はこの特質は金属アレルギーのリスクを低くすることのつながります。
金属アレルギーは金属から溶け出した金属イオンが要因になるからです。
結婚指輪は生涯使うものです。
20年30年の間に体質が変化しないとも限りません。
金属アレルギーのリスクの低い指輪は金属アレルギー予防にも大きな意味があるのです。

ほとんどの手作り指輪の工房ではアフターケアサービスがあります。
サイズ変更やクリーニングなどの基本的なアフターケア以外にも、石留のゆるみの修理、形の歪みの修正などがあります。
石留のゆるみを放置すると大切な宝石を紛失する可能性もあります。
形の歪みも極端なものは修正ができないこともあります。
手作り指輪を作る時にはこれらの費用がお安いかどうかもしっかり調べることをおすすめ致します。

手作り指輪を作ると、DVDや写真のサービスがつきものです。
銀婚式や金婚式に若かった頃の二人の手作り指輪制作シーンを見るのも大きな楽しみです。
その時に、「これがあの時作った指輪だよ。」と言いたいものですよね。
丈夫な指輪を作ってしっかりアフターケアをしましょう。