手作りの指輪の品質は大丈夫ですか?

手作りだからこそクオリティが心配

指輪の手作りには、色んな可能性があります。一番の可能性は、自分らしさを出せることでしょう。店に売られている指輪ではなく、自分でゼロから作るのが「手作り指輪」です。新たな扉を開くには、最高の手段と言えるでしょう。
しかし問題は、クオリティです。指輪だけでなく「手作り」が体験できるものは、世の中にいっぱいあります。しかし手作り体験で仕上がったものは、お粗末なものばかり。指輪も同じようなクオリティになるのではと、心配にもなるでしょう。

メインは指輪そのものだから大丈夫!

「手作り指輪を体験してみよう」なイベントで作った指輪なら、品質は二の次になるのは否めません。メインは「指輪作りの体験」であり、品質は二の次になっているからです。しかし結婚指輪手作り工房で作ったのなら、品質の心配は無用です。工房で作る場合、「メインは「最高級の結婚指輪」そのものです。
工房が使用する素材は、ブランドが使っているものと変わりないものです。作り方も、ほとんど同じです。ただ指輪作りにはレベルの高い技術が必要になるため、夫婦が実際に手掛けられるのは基礎の中の基礎のみとなっています。

手掛けるのは心臓部分

「一部しか手作りに参加できないのなら意味がない」という意見もあるでしょうが、大きな勘違いです。夫婦が手掛けるのは基礎の中の基礎であると同時に、結婚指輪のクオリティを大きく左右する作業でもあるのです。
夫婦が実際に手掛けるのは、ロウ製の指輪です。ロウを削って指輪の形にします。ロウ製の指輪を元に職人は型を作り、本格的な指輪へと仕上げます。つまりロウの指輪がなければ、職人は手の出しようもありません。言い換えれば、指輪の心臓部分を作ることになるのです。

石付きの結婚指輪を希望する場合は?

なお石付きを希望する場合は、事前に工房側に伝えておきましょう。工房側に希望が伝われば、希望に沿うデザインを提供してくれるはずです。
石付きの結婚指輪は少しだけ難易度が上がりますが、工房スタッフが全力でサポートするので大丈夫です。自信をもって、最高の結婚指輪を作りましょう。